好きな音は気に入った音!雑食のようで偏食か?
好きな音、好きな映像、残していきます。
コメントは気軽によろしくお願いします♪

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |
Ever We Fall
 "We Are But Human"
 EWFwearebuthuman
<評価>
A:★★★★
B:★★★

TOTAL:★★★★☆(4.5/5)

1 Youth Like Tigers
2 Late Night Dance Party
3 Schoolyard Crush
4 No Sleep For Dreaming
5 Bring'em In Billy
6 G
7 State Bird, The Mosquito
8 No Words To Describe
9 Great Day For An Airstrike
10 Evacuate!
11 My Dog, The Senator
12 Welcome To Fhloston Paradise

(合計時間 53:15)

genre: Indie Rock / Emo
country: USA (Portland, Oregon)
active period: 2000? - 2008

rabel: Hopeless Records / Bad News (JAPAN)
release:02/21/2006(US) / 06/21/2006(JAPAN)
-------------------

Ever We Fallです。
日本盤もでているのでご存知の方も多いかと思います。

軽快なメロディの聴きやすさ、そしてキラキラした美しさ。
アルバムを通してバランス良く二つの特徴が現れるので流れが非常に心地よいです。

-------------------

全曲好きなので、特に印象深い曲を選んで語ろうと思います。


最初の三曲のポップな雰囲気とはイントロを聴いただけで感じることできる「No Sleep For Dreaming」。
この曲はヤバいです。
静かなイントロから楽器の音が合わさったときの爆発力にはのんびり聴いてたら不意を突かれました。
Armor For Sleepばりのエモーショナル炸裂させてくれます。

次の「Bring 'Em In Billy」は頭3曲と同じ雰囲気なので切迫感から解放してもらえます。
こうゆう優しい曲が彼らの得意なところだと思いますが"こうゆう曲"以外もかなりかっこいいのが私がこのバンドを好きな理由です。

綺麗なコーラスが印象的な「"G"」の終了間際から2度目の変化が起こります。
ゆったりした演奏がじょじょに複雑になり「State Bird, The Mosquito」に入ります。
このイントロも威力が高いです。
また他のバンドで例えますとDamieraばりのテクニカルポップ炸裂ですよ。

ここでテンションあげさせといて次の曲は何事もなかったかのように美メロでしっとりと聴かせてきます。しかも9分の長編ときたw

私のハートワシ掴みな流れ恐れ入ります。

後半もエモかったり、綺麗だったりでとても素晴らしいのですが自分の書いた文がくど過ぎて冷汗が出たので前半の感想で皆さんにEWFの良さが伝われば幸いですw


好きな曲はインパクト抜群だった「No Sleep For Dreaming」にしときます。
これを書くために久しぶりに通しで聴いたのですが(内容を忘れていたので)EWFじゃないやつを聴いてると思うくらい衝撃はありましたwかっこいいです。

----------------------

最後に余談をいくつか。。。

EWFは解散時には三人組でベースがいませんでしたが、過去には4名のベースが在籍していたことがあります。
その中で今でもバンドをやっている人が二名います。

一人はBen Klenz。
彼はScene In Stereo(http://www.myspace.com/sceneinstereo)というロックバンドでドラムやっています。 EWFにも似た爽やかで綺麗なロックです。
 
AP.netで音源を配布しているので興味のある人は聴いてみてね。
ココ↓
http://www.absolutepunk.net/artists/showlink.php?do=showdetails&l=5447


そしてもう一人がIan Fike。
このブログではおなじみ?のIt Prevails(http://www.myspace.com/itprevails)のボーカルです。

It PrevailsがRise Recordsを抜けてRain City Recordsに加入しましたがそこの代表がEWFのギターだったRyan Furlottであり、It Prevailsの新譜「Capture & Embrace」のプロデューサーもRyanである(ミックスはSaosinのBeau)ことから今でも相当仲がいいことがうかがえますね。


ちなみにRise Recordsはオレゴン州のレーベルで過去にEWFも在籍していました。
The Devil Wears Prada(Ferretと合弁)やDance Gavin Dance、Bleeding Throughが在籍する現在が第二期黄金時代だとすれば、EWFやFear Before the March of Flamesが在籍したころは最初の黄金時代に違いない!。。。。。と勝手に思っていますw
 


http://www.myspace.com/everwefall
http://www.everwefall.com/

| CD [E] | comments(0) | trackbacks(0) |
Enter Shikari
"Common Dreads"
EScommondreads 
<評価>
A:★★☆
B:★★☆

TOTAL:★★☆(2.5/5)

1 Common Dreads
2 Solidarity
3 Set Up
4 Juggernauts
5 Wall
6 Zzzonked
7 Havoc A
8 No Sleep Tonight
9 Gap In The Fence
10 Havoc B
11 Antwerpen
12 The Jester
13 Halcyon
14 Hectic
15 Fanfare For The Conscious Man

(合計時間 50:54)

genre: Post-Hardcore / Electronic

country: UK (St Albans, Hertfordshire)

active period: 2003 - Present

rabel: Ambush Reality

release:06/16/2009

-------------------

シカリさんの2作目です。

前作よりは方向性がしっかりしてきたようで曲単品ではかなりかっこいいのはあります。

でもやっぱりアルバムの流れの悪さは相変わらずですね。

ロック調にしたいのか、楽しい雰囲気のパーティー路線にしたいのかがつかめない。

でももうこれがEnter Shikariの特徴なんだろうなってあきらめれちゃいます。

中盤で突如現れるアコーステック曲「Gap In The Fence」を途中から強引にダンスにもっていっちゃたり、相変わらずボーカル全般ひどいのもEnter Shikariだからしょうがないですw


フリーダムなバンドですよ、ほんとw
これだけ大きくなっても自主レーベルでやり続けてる理由は自由にやりたい以外にないですもんね。

-----------------------

彼らは私の中でライブでみたほうがいいバンド枠にくくられてます。
ライブはみたい。

しかし、音源はわたしにはあんまり合わないみたいですw



http://www.myspace.com/entershikari
http://www.entershikari.com/

| CD [E] | comments(0) | trackbacks(0) |
Evita
"Minutes And Miles"
EVITAminutesandmiles 
<評価>
A:★★★
B:★★★

TOTAL:★★★☆(3.5/5)

1 Cracks in the Wall
2 Thrown To The Wolves
3 Myself to You
4 Absent
5 Willing To Wake
6 Vona
7 When Losing Everything Means Nothing
8 Elusive Victories, Passive Trickeries
9 Beneath My Feet
10 Even the Odds

(合計時間 41:50)

genre: Metalcore
country: UK (Bristol, England)
active period: 2006 – present
rabel: Basick Records

release:07/13/2009
-------------------

このブログでも紹介したFellsilentが所属しているBasickからのデビュー。
UKのメタルコア(特にインディーシーン)ってなんだかおしゃれな感じの音出すバンド多いですよね。メタルコアといいながらもブレイクダウンとかつかわずに綺麗さや透明感を重視したり、アホテクニックで圧倒させて来たり。。。。
このバンドは前者に当てはまります、USのバンドに例えればDestroy The Runnerが近いかな?ただDTRよりギターの使い方がスペーシーでエモい雰囲気を感じます。

よく見たらマイスペのトップフレンドにDTRいますねw
似たような音を追及するバンドとして仲がいいのかな?

-------------------

クリーンボーカルとシャウトボーカルを合わせたスタイリッシュなメタルコアです。
前述したようにDTRもしくは最近のHaste The Dayが好きならグッときそうな感じですね。

ポストハードコアっぽさもある柔らかめ音にところどころ軽く感じるところもあるが、昔はもっとゴリゴリの音を出していた名残からかキメルところではキマってます。

でもなんか足りないですね。
とてもかっこいいのに。。。

とりあえず期待することはボーカリングのバリエーションを増やしてほしいことかな。
クリーンボーカルがゆったり歌いあげていてドラマチックな雰囲気になるのだが、ちょっとのっぺりした印象。
クリーンボーカルが前に出るとどの曲も全く同じ景色になってしまうのは残念以外なんでもないですね。

-----------------------

「Thrown To The Wolves」のイントロのギターは目が覚めそうな高音で気持ちいいです。
このバンドは楽器隊がもっとうまくなったら化けそうな気がします。



http://www.myspace.com/evitaband

| CD [E] | comments(0) | trackbacks(0) |
ELLEGARDEN
"Eleven Fire Crackers"
ELLEelevenfirecrackers
<評価>
A:★★★★☆
B:★★★☆

TOTAL:★★★(3/5)

1 Opening
2 Fire Cracker
3 Space Sonic
4 Acropolis
5 Winter
6 Gunpowder Valentine
7 Ash
8 Salamander
9 高架線
10 Alternative Plans
11 Marie

(合計時間 32:02)

genre: Rock / Pop / J-Rock
country: Japan (Chiba)
active period: 1998 - 2008
rabel: Dynamord Label
release:11/08/2006
-------------------

たまには日本のバンドも^^今日これ聴いてました。
わたしの周囲にファンも多いし、ライブも迷惑なくらい熱狂的なファンも抱えてるくらい大きくなった我が国のシーンを代表するロックバンドですね。
バンドについては詳しくないので語りませんw

---------------------------

イントロ「Opening」から「Fire Cracker」につないで幕が開きます。
イントロで盛り上がって上がりきったとこで次に行くのかと思ったら、上がって少し下がったところで次の曲になったので別にいらんかったのではないでしょうか。00:34くらいでビシッと入った方が個人的には好みです。

「Space Sonic」はキャッチーでとても聞きやすい曲です。
エルレ詳しくない自分でも知ってたくらい有名な曲です。
日本で人気が出るには、キャッチーな楽曲とカリスマ性のあるメンバーと定期的な音源リリースが重要なポイントだと思うんですが、このバンドはそれをクリアしていますよね。
若い子のケータイから「Space Sonic」が流れた時にこのバンド売れてるんだなーって実感させられました。

このバンドは海外進出を狙っていたようですが成功はしたのでしょうか?
最近よく思うことは、日本のバンドとして世界に出るなら日本語使ってほしいなってことです。でも英語で頑張るならそれ一本でやってほしいな。

「Winter」を聴いて思ったことは日本語と英語を混ぜるのは気持ち悪い時もあるということ。
この曲の歌いだしは英語で途中で日本語に変わるんだけど、母国語の日本語が何語かわからんなくて混乱しましたw
対して「Ash」はいい曲だなって思いました。日本語ってわかりやすいから。
英語詞の中に日本語詞があるとこんなにも目立つものなんですね。

英語と日本語。
違う国の言葉なので、同じ一度の発声でも音の色・雰囲気が全然違います。
二カ国語混合はJ-POPでは当たり前のような感じになってますが、日本語を大事に歌う歌手が増えるといいなと最近よく考えます。ホント最近になってのことですけどね。
------------------------------

エルレの感想なのに脱線しまくって申し訳ないw
とりあえず「Salamander」はエモくていい曲ってことは言っておきますw一番好きな曲です。

------------------------------

感想書くにあたっていつもバンドの経歴を軽く調べるんですが、今回びっくりしたことがひとつ!

オフィシャルHPが更新停止なのはわかるんですが、マイスペまでつぶしてるのには唖然としました。そこまでするかと。
今は活動休止でこのバンドのことなんて忘れたいのかはわかりませんが、海外の興味を持ってくれたファンには残念なことだと思います。
試聴くらい寛容にできないのかなーなんかケチな感じで寂しいです。



http://www.myspace.com/ellegarden
http://ellegarden.jp/

| CD [E] | comments(0) | trackbacks(0) |
The Eyes Of A Traitor
"A Clear Perception"
TEOATaclearperception
<評価>
A:★★
B:★★★

TOTAL:★★★★(4/5)

1 Under Siege
2 Like Clockwork
3 With Different Eyes
4 Escape These Walls
5 Decorus
6 Misconceptions
7 Echoes
8 Hands of Time
9 The Impact of Two Hearts
10 A Clear Perception

(合計時間 40:30)

genre: Hardcore / Progressive / Metalcore
country: UK (Hertfordshire)
active period: 2004? - Present
rabel: Listenable Records
release:02/23/2009
-------------------

テクニカルメタルコアバンドThe Eyes Of A Traitorのデビュー盤です。
最初2月3日くらいにリリース予定だったのにずれずれでやっとこさリリース。
そしてアメリカでは3月10日めでたくリリースです。
UKのバンドだけどおフランスのレーベルからリリースになってます。

-------------------

私のストライクゾーンど真ん中にズドーン!
テクニカルで程よく変則的でエモいメロディもありーの楽しい一枚です。
作曲センスがオタクの域です。最近のやたらうまいテクニカルなメタルコアやってる若手はどんだけ練習してんだよってくらいうまいですよね。
Protest The Heroが売れ出してくらいから埋もれてたやつらも出てきたのか、はたまたファンから求められる一つのジャンルに定着したのか。。。好きな人にとっては嬉しいことです。ありがたや〜。

------------------

マイスペでイントロからブッ飛ばしてる曲ばっか聴いてたので「Under Siege」のゆったりな始まり方は意表突かれた感じでしたが、二曲目の「Like Clockwork」から本領発揮です。イントロからザクザクしたリフで攻め込んできます。2:58〜の楽器隊の交わり方はたまらんです。
「With Different Eyes」は珍しく音がフェードインしてくるイントロです。
これは曲の繋ぎの為だと思われるんだけどライブではどうやるのか気になるところ。

「Escape These Walls」は印象に残るイントロと思わず一緒に言ってしまいそうな「GO!」から始まるブレイクダウンは軽快でモッシュは必然でしょう。

折り返し地点に達した5曲目、ピアノの旋律をベースとしたミドルテンポのエモい異色の一曲「Decorus」で癒されましょう。Misery Signalsの3rdの後半を思い出すような綺麗曲です。
そんな静けさも「Misconceptions」のイントロで吹き飛ばされますw
この曲の後半からは次の曲にかけてピロピロ祭りです。
その次の曲「Echoes」はおそらくこのアルバムの中では最も古くから公開されている曲で看板の曲です。そのせいかハードコアっぽさもピロピロもいいとこどりの曲です。

「Hands Of Time」はテンポの切り替えが多い忙しい曲です。他の曲も切り替えはあるんですがこの曲が一番多いかな。

続くは一番好きな曲「The Impact Of Two Hearts」ですが、これもイントロからぶっ飛んでます。
歌いだしからのリフは今までに聴いたことないリフでびっくりしました。ギターどう使ってんのかわからんw
「キュッキュッキュッ」ってなんじゃそりゃって感じです。←聴いてみればわかります。
そして曲の最後は雑音を残さないスマートすぎる締め方でたまらんです。

-------------------------

全体的に大好きなんですが気になるところをあげるとしたらボーカルの弱さでしょうか。
もっとブルータル吠えて、もっと高く突き抜けるような叫びがあればこのバンドはもっとヤバくなりますね!

毎度毎度好きなものを語ると言いたいことが多すぎてわけわからんくなりますねw
まぁおススメしてることが分かってもらえばありがたいですw



http://www.myspace.com/theeyesofatraitor

| CD [E] | comments(0) | trackbacks(0) |

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRY
RECENT COMMENT
myTunes♪
**



PROFILE
LINKS
CATEGORY
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
liveing in here...
Access?
MOBILE
qrcode
SEARCH THIS SITE
OTHER
FX